index04:コラム>秋田にLRTを作ろうメモ
2010年7月29日

秋田にLRTを作ろうメモ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

唐突ですが、秋田にLRTあったらステキですよね。
LRTとはいわゆる今風の路面電車です。

いや、ほら、採算性とかいろいろ考えると難しいのはわかる。
けど、これからの高齢化社会、クルマに頼らずに「歩いて暮らせる楽しい街」を作るためには公共交通機関が欠かせないわけで、海外なんかもLRTが最近増えているわけですよ。

国内だと富山ね。
コンパクトシティを目指して、自転車貸し出しシステムとかいろいろ頑張ってる。

そんな中で秋田市にLRTを...みたいな構想をする人はいろいろいると思うんだけど、これは「ぼくがかんがえたあきたのえるあーるてぃー」のメモ。まぁ、適当にワロスワロスで読んで下さいな。
いつか、ちゃんと企画書にする。...かも。

P1050800
↑これはアデレードのLRT。なんと、街中だけ乗る分にはタダ。商店からの税金でまかなってるとか言ってたかな(記憶曖昧)?

P1060143
↑んで郊外に延びているわけ。郊外から街中まではもちろん有料。秋田市電同様に大きな駅前から港町までの路線。

ま、秋田市にもかつては路面電車があったんですけどね。
古い資料をあたっていたら、実際に営業していた秋田駅〜土崎、そして大工町から交通局前の支線以外に茨島方面やらいろいろ構想路線もあったりして、もし、出来ていたら...あるいは同じくらいの都市規模である高知みたいに今でも残っていたら...とかいろいろ考えちゃいますね。

というわけで、自分のプランは、こう。
A-Line 新屋〜JR秋田〜土崎〜土崎みなと
B-Line 四ツ小屋〜JR秋田〜土崎〜土崎みなと

んで、
1.バッテリートラムを使う
2.可能な限りJRに乗り入れる
という感じ。

■バッテリートラム

パッテリートラムとは、まぁ、電気自動車の路面電車版だと思ってもらえばいいです。
参考:http://wiste.exblog.jp/7142540/

いくらLRTが環境にいいとはいえ、やはり街中に架線を貼りめぐらせるのは景観的にイマイチだしね。
それから、後述するJR乗り入れのためには、LRT全線をJR規格の交流電化しなきゃいけないんだけど(交直両用車にするというテもあるけど)、だったらバッテリートラム化してJR本線走行時は基本的に車載のバッテリーで走ってもらったが良いんじゃないかと思う。

■可能な限りJR乗り入れでコストダウン

LRTLINE.png

もう上記の路線を見て頂ければ、わかるように羽越本線、奥羽本線に乗り入れる形。
土崎からは分岐して秋田臨海鉄道線に乗り入れ。
土崎みなとから先は、風の王国プロジェクトが実現するなら、風車工場まで延長しても良いと思う。

P1100401
↑ここからは富山の写真。こんな感じで車道と歩道の間を走る場面も。線路は緑化されてます。

P1100396
↑このあたりは道路の真ん中を走ります。

んで、一応JR秋田駅付近だけ、新しくLRT専用の線路を引くイメージ。
北は手形陸橋付近から分岐して買い物広場に乗り入れてJR秋田エキマエ停留所を設置。
南はJR秋田支社ビル付近からJR線に戻る感じ。

P1100232
↑富山駅のLRT停留所。こちらも線路が緑化されてます。

P1100215
↑駅前広場から電車の床まで完全フラット。バリアフリー!!!

なんで、わざわざJRの秋田駅の片隅にホームを造るのではなく、いちいち外に出てくるかというと、そっちのが利用者にとって嬉しいだろうから。
そして、いつか、予算が潤沢に取れる日が来たら買い物広場付近から分岐して仲小路経由で山王方面に路面を走る併用軌道を延長できるようにしたいわけです。

えっと、中通の再開発ビルで仲小路が分断されるんだけど、小倉の駅ビルにモノレールが突っ込んでるみたいなイメージで、中通の再開発ビルにLRTが突っ込んでもいいんじゃないかな(笑)

で、JR乗り入れするくらいならJR新駅で良いじゃん...と思うかもしれないけど、LRTなんで駅は500〜800mおきに設置するわけ。

これがJRの車両が止まる駅を作るとなると大変だけど、LRTの停留所なら、そんなにお金もかからないしね。
泉付近にJRの新駅を作る構想あるけど、どうせならLRTでもっとあちこち作りましょうよ。
例えば、LRT構想だったら、秋田-土崎間だけで10駅くらい設置することになるわけで。

んで、2〜3駅おきに、本線から分岐してLRT専用の線路上に停留所を作って、そこは停車中にJRの列車を退避して追い越し可能にさせる、と。
この分岐する停留所に関しては直流電化して、バッテリートラムへの充電可能にする。

lrv.png

P1100352
↑これはスーパーの駐車場に直結している。直線側がJR時代からの線路で分岐側が新設。
JR乗り入れ区間の駅設置イメージはこんな感じ(向かい側のホームはいらない)。

P1100290
↑ちょっとわかりにくいけど、自転車置き場も併設されてたりするといいよね。

新屋と四ツ小屋の終点もLRT専用線上に設置して、そこでもバッテリー充電可能にして、折り返しの間合いに充電する。
四ツ小屋から先、御所野方面にもいつかは延長したいので、それも想定した設計にする。
てか、イオンモールにLRTで行けるようにしてしまうと、エキマエに止めの一撃になってしまうかなぁ...(^_^;)

こんな感じで作ると、バッテリートラムの車両代、基地の設置代(JRや秋田臨海鉄道に委託するテもあるけど)、 各停留所の設置費用、秋田駅付近の併用軌道の建設費...と、意外と安く作れるんじゃないかな、と。
効果もそこそこありそうな感じ。
LRTだから少なくても日中20分おきには走らせたい。

P1100279
↑ここはJR時代の駅舎とホームが残されている。床の高さの違いがわかりやすいかと。

P1100253
↑ここが終点。電車から向かい側のバス停までの移動のラクさがわかってもらえると思う。

実際、秋田市電は新国道沿いを走ってたんだけど、当時は田んぼの中を走っていたイメージ。
で、今のJRの線路は市街地の外周の田んぼの中を走っていたイメージだったけど、秋田市が無駄に膨張したおかげで、今は市街地の真ん中あたりを走ってる感じになっちゃってるもんね。

まとめ

とまあ、あまり実現性やら経済性は考えてないんだけど、とりあえず...のアイディアメモでした。
たぶんJRは、こういう混走させるのやりたがらないだろうけども...
あ、そうそう、あくまでも富山ライトレールのようにJRをLRTに転換するハナシではなく、本線に乗り入れさせてもらって間借りするのが、このプランです。
てか、天下の奥羽本線や羽越本線を転換できませんて。

 
Posted by waka at 2010年7月29日 22:58
TrackBackのURL:

FBコメント

トラックバック (関連の記事が書かれているBLOG一覧です)

コメントする

※様々なサイトの登録情報でログインしてコメントすることが出来ます。IDのログイン情報等はこちらのサイトには送信されません。

カテゴリー一覧
最新の10件の記事 新着コメント