index09:日記のようなもの>週末、仕事漬けにウンザリ。
2005年1月18日

週末、仕事漬けにウンザリ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

もうとにかく仕事が忙しい。
お金に結びつかないのはナゼ!?
そんなこんなで土日も仕事。
そんな土日、天気予報で聞いていた雪ではなく、雨。
うーん、ちょっと期待していたのにね。

土曜日の深夜というかもう日曜になったころ、ふと目にしたニュースサイトの記事を思い出す。
「河口湖で大雪」
その瞬間、感電号に乗り、いつもの湯〜園に向かう。
温泉で雪見風呂だ!!

八王子は大雨の様相を呈してきていた中、八王子インターから中央道へ。
八王子のインターから入ると本線の料金所の手前で合流することになる。
本線料金上は2レーンに集約されていて、チェーン規制ということで、係員のタイヤチェックが入る。
料金所を越えたところに、クローズしたレーンの先のスペースを利用した臨時のチェーン脱着所が設けられていた。
もちろん、スタッドレスの感電号はスルー。

八王子市内を抜け、相模湖に近づくにつれ、路肩に雪が目立つが雨は変わらない。
相模湖、上野原と進むにつれ、雪となってきたがうっすら積もっている程度。
こういうシャーベット状の雪が走りにくいんだよなぁ。
しばらくすると、除雪車を先頭にした一群に追いつき、ノロノロ運転に。
三車線まとめてつぶして大除雪大会だ。
この先、大月JCTを越えた甲府方面で事故通行止を電光掲示板が伝えている。


P1050042
談合坂あたり。路肩に多少の雪がある程度。

P1050045
大月JCTあたり。ちょっと雪が増えてきた。

大月JCTを越え、河口湖方面に入ると雪が多くはなってきたものの、いまひとつ。
ハンドルはシャーベット状の雪にやや取られるものの順調。
河口湖インターの手前、10kmくらいだったろうか、突然に変化がやってきた。
雪が一気に深くなったのだ。これだこれこれ。こうじゃなくっちゃ。
路面は圧雪に。却って走りやすい。
速度もアップするくらいに(笑)

河口湖インターで降りようと、分流帯を見ると、雪の壁が阻んでいる。
除雪車が寄せた雪がちょっとした壁となっていたのだった。
ええーっと思いつつ、最減速。
ハザードをたきつつ、ノロノロと壁に沿って走ると、車一台分のわずかな隙間が。
これ。誰か知らないけど最初に通った人ありがとう。

P1050047
河口湖インター手前からは、ここどこよ!?という道に。

P1050050
雪の壁を乗り越えインター到着。

一般道も雪がたっぷり。
地元秋田に帰ったかのような錯覚を起こすくらい。
事務所から1時間ちょいでこんななんて・・・。

湯〜園に着くと、だいぶ雪を盛った車が数台止まっている。
24時間オープンの温泉施設なので、帰れなくなった人は諦めて、泊まり込んでるのかな?

P1050054
手前のコンビニにて。いい顔になったねぇ(笑)

P1050058
湯〜園の駐車場。こんな雪を載せた車もちらほら。

たいした温泉じゃないと思いつつも良く行く、湯〜園だが、会員になっているので、二人合わせてわずか1200円で、雪の露天風呂だ。
うーん、たまらん。
小さい方の露天は要・清掃のため閉鎖とあったけども・・・。

P1050067
露天に誰もいなかったので、思わず写真撮影。いいねー。

P1050061
もういっちょ。いいねー。

露天風呂につかり、岩にもたれ見上げると雪がじゃんじゃん降ってくる。
子供の頃、まだ秋田にいたとき、よくこんな光景見たっけか。

視点近くにおく。
空気に弄ばれた雪は様々な動きを見せながら、落下してくる。
まるで、地球外生物の襲来のようだ。

視点を遠くにおく。
細かい動きはわかりにくくなり、ひたすらに迫ってくる雪は、すごい早さで流れる星のように見えてくる。
まるで宇宙船に乗っているよう。

てな事を子供の頃は思っていたっけ。

すっかりリフレッシュ。

P1050068
玄関を出ると・・・雪の重みで枝が!!!ここはキケンだ(笑)

P1050069
すっげぇなぁ。どこよ、この雪国は。堪りません。

P1050074
そして、何事も無かったかのような八王子。100kmも離れてないのに。

帰りも高速で一気に季節を逆戻り。
何事も無かったかのように雨の降り続く、八王子に戻った。
仕事は続く。
ついさっきまで、大雪の中に身を置いていたなんて信じがたい感じ。とっほっほ。

 
Posted by waka at 2005年1月18日 12:48
TrackBackのURL:
時系列・前後の記事
←[05:デザインって] 東京メトロのCIは・・・
→[03:プリウス!] 一年点検。

FBコメント

トラックバック (関連の記事が書かれているBLOG一覧です)

コメント

うちの近所でも僅か10キロほどで相当な違いがありました。
多分たまたま雪の範囲の境目だったのでしょうけどね。
家に向かって帰る方向でどんどん雪が濃くなっていくのはなんとも切なかったです(^^;

露天風呂と雪景色!!!ワンダフル!!!
日本酒を浮かべてチビチビ飲めるともっといいでしょうね。
お風呂場で写真が撮れるなんて、ラッキーですね。屋根に降り積もった雪の風情がとてもなごめます。

 いや〜、すばらしい記事です!
 思うにwakaさん、仕事が忙しくなるとさすがに記事がアップされないようですけれど、さらに忙しくなってどうしようもなくなってくると、(気分転換で?)アップされるような・・・。

 どっちにしろ楽しい記事が読めるのはウレシいことです(笑。

お仕事大変な様ですけれど、リフレッシュ出来る所が有ってよかったですね!
私も雪道を思いっきり走ってきました!
大晦日の晩に、山形の親戚の家に向かう道中は、自宅からず〜っと雪道でした。
片道260km全て雪道だったのは、生まれて初めての体験でした。
全て一般道を使いました。
後で分かったのですが、高速道路等は全て閉鎖されていたようですね。
雪を眺めながら、正月中は温泉に浸っていました。
普段とは異なる環境に身を置く事は、身体及び精神のリフレッシュにはとても良い事だと感じました。
wakaさん、お体を大切に!

>茶打さん
ほんと、不思議でした。
ビミョーな差で大きな違い。。びっくりでした。

>リリーマルレーンさん
はい、ラッキーですよ〜。
一歩間違うと危ない趣味の持ち主みたいに思われますから(笑)

>Bowさん
ぎくっっっ。
完全に読まれてますねー(笑)

>ジンタンさん
大晦日というと関東地区からして大雪でしたもんねー。
片道全て雪道というのは大変だったんじゃないですか?
神経使いますもんね・・・。

wakaさん、こんにちは。

>片道全て雪道というのは大変だったんじゃないですか?
>神経使いますもんね・・・。

それが、自分の前を遅い車が沢山走っていると神経を使い大変なのですが、道が空いてくると、途端に元気になります。(笑)
雪のシーズンになると雪を求めて走りに行く変わり者なので、山間部に入ってからの道中は楽しんで走っておりました。
(仲間と行った時などは、スキーの板を積んだまま走りっぱなしで、滑らないで帰って来た事が有るくらいですから・・・)

コメントする

※様々なサイトの登録情報でログインしてコメントすることが出来ます。IDのログイン情報等はこちらのサイトには送信されません。

カテゴリー一覧
最新の10件の記事 新着コメント