index02:いろいろ見物記>レクサスに行ってきた!!!
2005年10月 1日

レクサスに行ってきた!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

いまさらではありますが、レクサスに行ってみました。
もう、衝動的に、通りがかったもんで。
自動車雑誌や様々な訪問記を見るにつけ、どうにも貧乏人にはあからさまな差別(笑)があるようで・・・。
ということで、ちょっと考えを持って行ってきた。
写真が無いのはそういう理由。

いつもの汚い格好で行くんだけど、しかも無精ヒゲも伸びているんだけど・・・
まずは、こんな設定を頭に叩き込んで、訪問してみた。

・IT系ベンチャーの社長で一山あてた。(後半嘘)
・お目当てはGSのハイブリッド(別に買わないと思うし買えないけど)
・あんまり車に興味が無いけど、環境問題に関心がある
 (前半嘘。GSのハイブリッドが出てないのに来たからね)
・でも、買うなら経費で落とすからリースね、もちろん。
・写真は撮らない(冷やかしっぽいから)

なんでも雑誌によると、冷やかし風客は話しかけられなかったり、見積もりも作ってもらえなかったり、あげくのはてはさんざん待たされてから店内見学ツアーなどに連れていかれるらしい。
それはそれで楽しいけど、バカにされている気がするだろうなぁ。


誘導に従って、車を止めるとうやうやしく係員が迎えてくれた。
あれ?
ドア開けてくれるんじゃなかったっけ?まぁ、いいや。
車のキーと引換えにプラスチックのプレートを渡され、店内へ。
駐車は係員がやってくれる。

プリウスとはいえ、それなりの値段するんだぜー。
でも直前に入った車とかBMWだしなー。

店内へと向かうと、もっと大げさに迎えられると思ったけど、案外、あっさりだ。
うーん、冷やかしっぽいもんなー(笑)
他にも冷やかしっぽいお客もいて、懸命な写真を撮っていた。
ダメダメ、それじゃバレバレだよー。

店内はさんざん報道で見た通り。
個人的には日産の新型店舗の方がデザイン性が高いと思ったけど、なにせキレイだし、高級感がある。
ふらふらとGSを中心に見て歩く。
なかなかディテールに凝った建物なので、すごく写真を撮りたいけど、ガマンだ(笑)

噂のオーナールームは、空港のラウンジなんか比べ物にならないくらい豪華。
だけど、人はいない。
そりゃそうだ。ある程度、納車されて、かつ点検に訪れる人がいないと使わないはずだ。

さて、ここで声を掛けられるかどうかが問題だ。
噂どおり、貧乏人は相手にしないのだろうか。
後から来た客の方が先に店員に話しかけられていてちょっとへこむ。

そろそろ帰るか、、、と思い始めたところで、店員にようやく声をかけられる。
「どうでしょう、ぜひ中も見てください」
とISをさしてきた。

ISはアルテッツァの後継で、まぁ、こういう人相風体年格好の自分ならそれで正解だ。
ただ、さっきからISなんか見てないでしょう(笑)?
まぁ、いい。

さっそく店員と話し始める
「ハイブリッドってGSに出るんでしたっけ?」
まぁ、いろいろと話はするが立ち話だ。
うーん、あの商談スペースに座りたかったぜ・・・。
ま、商談しないけども(笑)

「お車プリウスでしたよね」
お、しっかり見てたんだ。優秀優秀。

会話の端々にさりげなくこいつ買うのかも。。。というのをちりばめていく。
プリウスには満足しているけど、お客さんを乗せるにはね・・・
なんせ仕事で長距離走るからすぐ距離がいってしまうんだよ。。。。
レクサスでは法人向けのリースはやっていないのかい?
ま、買うならハイブリッドじゃないとね。

なかなか席に案内される気配もなく、あまりハイブリッドの情報も引き出せなかったが、それなりに勉強している様子で、いろいろと教えてくれる中々いい店員さんだった。
片膝ついて注文の飲み物を持ってきてもらう体験したかったな・・・。

最後に、今のGSでいいから、カタログ貰えるかな?と問うてみた。
店舗にもよるらしいけど、なかなか冷やかしさんは、カタログが貰えないらしい。(雑誌情報)
あちらでお名前を頂いてもいいでしょうか?
ついに席へ案内されたけど、まぁ、もういいや。
んー、車に名刺があるから、それでいいかい?ハイブリッドの事がわかったらなにか送ってよ、と。

かしこまりました。
と言われ、封筒入りのカタログを差し出し「本カタログでございます」
お、本じゃないカタログもあるのか。簡易版ってことか?
「こちらはDVDなどが入っております」
とさらに紙袋も頂く。

勝った。
これは勝利であろう。

座ってお待ちくださいと勧められ、しばらく待つ。
心なしかこの紙袋が来てから他の店員の自分を見る目が違う。
さっきまでは存在を無視するかのように華麗にスルーされていたのが、みんなおじぎをしているし、優しく微笑んでいる(ような気がする)。

車を取ってきて頂き、車に乗り込む。
出迎え時は1人だけだった。
帰りは取り囲むように4人に送られる。
おおー、スゲー。
なんか偉くなった気がするよ。こりゃ、思わず買ってしまうかもな・・・。
などと思いつつ、レクサスを後にしたのでした。

次は、普通にプラっと行って写真撮りまくってこよう。
明らかに冷やかしですって感じで。
その比較が今から楽しみでしょうがない(笑)

 
Posted by waka at 2005年10月 1日 15:21
TrackBackのURL:
時系列・前後の記事
←[06:政治・経済] 解答編・こんな政党や候補には投票しなかった
→[mobile] ムーンライトながら

FBコメント

トラックバック (関連の記事が書かれているBLOG一覧です)

コメント

私いなくてよかったー、絶対口元ゆがんじゃうから(笑)

たとえ毎月の運転資金で消え去ってしまう程度の山でも、山は山、堂々と「一山当てたが、M&Aに巨額の資金が必要なので、経費で落とせるリース車が欲しい」というプロフィールはいかがでしょうか?
レクサスのショールームにいる人はすべてサラリーマン(ただし高給取り?)ですから、IT+M&Aでばっちり煙にまくことができます。

ホリエモンc.さんにも美人広報部長が寄り添っていますから、ノダッチさんを着飾らせて、再度挑戦してみてください。

>リリーマルレーンさん
了解しました〜。
今度は粗品もらえるように頑張ります(笑)←せこい

コメントする

※様々なサイトの登録情報でログインしてコメントすることが出来ます。IDのログイン情報等はこちらのサイトには送信されません。

カテゴリー一覧
最新の10件の記事 新着コメント